私にはとても好きなものがある。それはお金である。

それは当然だろうと大抵の人が言うかもしれないが、私はその形が好きなのである。
金額は別に考えるとして、どのお金が一番好きかとアンケートを取るとおそらく500円玉は上位にくるのではないだろうか。
もちろん私が好きなお金もこの500円玉である。

500円玉の最大の魅力は何と言ってもそのサイズ感と重みだと思っている。
他の硬貨や紙幣では味わえないような何とも言えない満足感が500円玉にはあるのである。
ただ、このあまりにも500円玉が好きな為に日常生活では困ったことも起きているのである。
それは買い物をした時に500円玉をあまり使わないということである。

会計がスムーズに行こうが行くまいが関係なく私は500円玉を残す方向で支払いを済ませようと考えてしまうのである。
なので、300円ほどの金額の際にも千円札や一万円札を躊躇無く出してしまうのである。
ここまで好きな私だが、一つポリシーとしては決して両替では500円玉を得ようとはしないことである。

両替で手に入れようと思うといとも簡単に入手可能であるので私はそれをやらないことにしている。
また、こんなにも500円玉が好きな私だが「500円貯まる貯金箱」というのはどうしても好きになれないのである。