帽子をつくました。製図はしませんでした。
その分、楽に型紙ができ印刷がして有る紙からハサミで切るだけです。

布地は水通して乾かしたものにアイロンをかけた布地に型紙を置き止めて縫い代をつけたら、
布地を縫い代をの所からハサミでカット。次は布地と縫い代の境目のシルシ付けカット。

次は布地と縫い代の境目のシルシ付けバラバラにして、
セツチャクシンを型紙に合わせ切ったものをアイロンで張り、
それをロックミシンで布地の切れ端を縫います。

次はバラバラになっている布を型に合うように合わせシツケをします。
次はミシンでシツケしてある合わせた部分を縫います。
型道理に全部縫ったら出来上がります。

後は使いたい時にカブルと帽子を作りした自作時間もムクワレブジ帽子としての喜納を満たします。
その他リメイク等で帽子作りをする時には、Tシャツやジーンズや腹巻き等をで作る帽子だったり、
お手軽に持ち合わせで作れてしまう点は節約にもなり生活の知恵ですね。

リメイクて原型にこだわらず変わるて所は便利です。
暇が有る時に作って置いたらいざ使いたいときに役にたちますから、
そらは帽子ばかりでは無くても有ります。
今度何しょうかと趣味的に作れていく物増えたら良いと思います。

身に付けるものばかりでない置き物、敷物、掛け物なんかも、
いざ作れて見たくなったら種類も豊富で何からにしょうか迷ったりしますが、
ショップに売っている布地や材料とかで検討して見るのも楽しむ趣味の1つです。
サイトやアプリ等で手作りの物公開や販売等も有り、
手作りの趣味や商品としても楽しみ方が有るのを見掛けますね。