■さまざまタイプの二世帯住宅

二世帯住宅というのは親世帯・子世帯の2つの世帯が一つ屋根の下で生活をすることになりますが、生活スタイルというのは各世帯でも変ってきます。
二世帯住宅は少し前までは少なかった生活スタイルなのですが、
数年前から増加しつつあります。
それも、高齢化・介護といった背景というのが大きく影響してきているようです。

二世帯住宅でも建て方はいくつかあり、上下型・左右型・共有型があり、
スタイルのすべて共有するタイプ・完全に分離しているタイプ・一部を共有しているタイプがあります。

>二世帯住宅の間取りや成功ポイントなどの情報がある工務店サイト
株式会社ティーアンドダブリュー

二世帯住宅にするからにはお互いが楽しく生活ができるように、
また、ライフスタイル・食事の嗜好の違いなどによって、姑問題になってしまい、
生活ができないということが無いように、じっくりと話し合いをして、
後悔をすることが無いように計画を立てるということが大切になります。

二世帯住宅にする場合には子供を面倒を見てもらうことができたり、
高齢化・介護が必要になった、親の土地に建てることができるなどといったことが多いのではないでしょうか。

また、住宅を建てる時にはかなりの費用がかかるので2世帯で住宅ローンを組むことが多いかと思いますが、その場合には住宅ローンの減税も2世帯分になります。

二世帯住宅にするメリット

金銭面においては2つの住宅を建てるよりは建築費用は安くなります。
そのために増加傾向にあります。
また、生活費(光熱費・食費など)が節約することができます。

共働きをしている夫婦もいるかと思いますが、もし、子供がいる場合には、
子供の面倒を見てもらうことができます。

また、子供は急に病気になることもありますが、
その時にはあわてることもなく親の経験を活かすことができます。

ペットを飼っている場合に旅行に行く時にはペットホテルに預けたり、
ペットがいるからといって旅行に行けないということもなく、
安心して面倒を見てもらうことができます。

その他には嫁の立場の場合には旦那の好みの料理を姑に教えてもらうことができて、
家族だんらんなどの時間も増えて、親・子・孫との時間を楽しい時間を過ごすことができます。

そして、一番大切なことでもあるかもしれませんが、
被害(空き巣・強盗など)にも合いにくくなります。

二世帯住宅の場合には玄関が2つあることが多いので、
そうなると不在かどうかということが分かりずらい、
家族全員が留守にする時間帯というのがわかりにくくなります。