二世帯住宅の増加の一つの要因は少子高齢化です。
しかしながら、これだけが原因なのではありません。

別の理由として、主に都心部において、
若い世帯が土地を購入することができないという現状があります。
若い世帯が土地を購入できないので、親世帯が所有している土地に二世帯住宅を建てて、
賃貸で貸せる物件にするという方法が取られているようです。

この方法により賃貸ではありながらも、
土地を購入するステップを飛ばして、二世帯が同居するようにできます。
賃貸の二世帯住宅住むメリットは多々ありますが、
そのほとんどは賃貸ではない一般的な二世帯住宅とあまり変わりません。

親と子、そして孫が触れ合う機会が増え、
親密なコミュニケーションを取ることができるようになることは言うまでもありません。
また、同居していれば、高齢になっている親の介護面でできることが増えます。
目の行き届く範囲が広くなるので、病院に行ったり、
買い物に行ったりすることなど外回りの用事を都合のよいときに行なうことが可能になります。

もちろん親と子が別居の世帯であってもこれらはできますが、
質の高さという点では大きな違いがあります。
賃貸の場合であれば、月毎の支払いを折半にして、
親と子世帯それぞれの負担を減らすことができるという大きなメリットもあります。

二世帯住宅を建てる際にはポイントもあります。家族が世帯を別にして住む家となる住宅二世帯住宅では、子や孫世帯よりも先に、親世帯が亡くなってしまうことがほとんどであるという現実も踏まえて住宅の設計を考えることが必要です。
また、子どもが仕事の転勤で家を空けることになるという可能性もあります。
このような家族構成の変化にも対応できるような設計にするよう事前に計画しておきましょう。

最初から家の改造を見据えて、改造が容易な造りにするのも一つの手です。
賃貸の二世帯住宅は建築基準法のうえでは共同住宅というくくりに入ります。
このことも考慮して、設計を工夫することも重要なことです。

共同住宅という扱いになりますから、
最初から共用スペースの確保などを
考えた造りにしておくと使える物件になるでしょう。