住宅・建物の耐震というのは非常に重要ですよね。
耐震性というのは建物だけでなく、地盤の性質にも関与していることでもありますが、
地震動によって建物がどのくらい耐えることができるかということを判断する、
耐震診断というのがあります。

建物は耐震設計が必要になり、耐震設計は地震力に対して、
安全に設計をするというものになり、基準となっているのが耐震基準になります。

住宅としては戸建て・マンションなどがありますが、
建物は鉄筋コンクリート・鉄筋・木造などがありますが、
それぞれに関して耐震基準というのはあります。

耐震基準というのは改正されて新耐震基準となっているのですが、
1981年(昭和56年)6月以降の建物は新耐震基準に基づいた建物になっていますが、
それ以前の場合には旧耐震基準に基づいて建てられた建物になります

以下、マンション耐震診断の調査項目について、
横浜市にあるマンション大規模修繕や耐震診断などを手掛ける創和設計の記事を参考にして、
解説したいと思います。

■創和設計
耐震診断について|株式会社 創和設計
URL:www.sowa-sekkei.jp/quakeresistance/index.html
所在地:横浜市南区高根町1-3 神奈川県地域労働文化会館6階

マンション耐震診断をする場合の調査項目というのはいくつかあります。

・建物の概要

予備調査を行い耐震診断をする必要があるのかということ、
耐震診断を実施できるかということなどを調査を行っていきます。

・躯体寸法

建物の強度測定のために躯体寸法を確認します。
主に構造部材寸法・壁開校寸法を目視・実測・計測図書と照らし合わせて、
修正・設計図書を作成をしていきます。

・建物の変形

建物の老朽化の状況はどうなっているのか不動沈下の調査・梁・スラブのたわみなどを調査します。

・ひびわれ

建物にひび割れている部分があるのか、ある場合にはその状況・幅などを目視・実測して、
建物の老朽化の状況は怒鳴っているのかということを調査をします。

・コンクリート強度

強度を計算に必要な強度確認・老朽化の状況はどうなっているのかということを確認をして、強度試験(コア抜き)・シュミットハンマーを使って現位置の測定をしていきます。

・コンクリートの中性化

中性化の判断(フェノールフタレイン溶液)・コア抜きサンプルによる判断をして、
つり出しによって現位置を判断をしていきます。

・鉄筋・鉄骨の腐食

強度を測定には断面を確認して、老朽化の状況を確認をします。
錆びがしみだしている部分、浮錆の部分を目視・現位置はつり出しで確認をして、
非破壊検査を行っていきます。

・配筋

強度を計算するために断面・構造断面を確認をします。
そして、鉄筋の本数・間隔を非破壊検査(鉄筋探査器)・鉄筋径・かぶり厚さを調査をしていきます。

・鉄筋・鉄骨の強度

試験片の作成(現位置はつり出し)をして強度を確認をしていきます。

・地盤

地盤の状況を確認をして地耐力・杭耐力を調査をしていきます。
既往の地盤調査結果を確認をして、地盤調査書によって新規で地盤調査を行っていきます。

・基礎

現在の基礎・杭の状況は如何なているのかを確認をして、
目視調査・設計図書と照合して老朽化状況を確認をしていきます。
修正が必要な時には設計図書を新しく作成をしていきます。