日本語教師になるための必要能力とは何でしょうか?
まずは通常であれば、日本語教師として働くためには、資格が必要になります。

また、420時間カリキュラムと言われる日本語教師の育成講座への参加が必要になると言えます。
これらの講座受講と、資格試験を受験して、合格することで、日本語教師として現場で働けるチャンスをつかむことができると思います。

日本語教師資格には、JEES主催の日本語教育能力検定試験が有名です。
日本の文化や歴史、言語学、心理学、教育学など、幅広い知識が試される試験です。
日本語教育能力検定試験の対策として全国統一模擬試験を開催しているスクールなども存在します。

日本語教育能力検定試験「模擬試験」|アークアカデミー日本語教師養成講座

幅広い知識が求められる日本語教師ですが、一番大事なのは、
まず絶対不可欠な能力は言語への興味を持てるかどうかということでしょう。

言語に興味を持てないのに、言語を人に教えようとは思えないはずだから、それはただの苦行のようになるはずだからです。
でもそれは自分で判断できかねると思われますか?

例えば、みなさんは本を読むのがお好きでしょうか?
新聞などを読んでいて、知らない言葉が出てきたときにちょっと調べてみようと思われますか?
外国語を聴いたときに、「日本語ではどういった意味なのだろう」と思われますか?
少なくともこの3つの質問にYESとお答えになるのであれば言語への興味が少しあるでしょう。

そうやって何気ないところにみなさんの言語への興味関心が表れているはずですので、自分自身で敏感になってみるのはいいことだと思います。
コミュニケーションを取るのが好きである、これも日本語教師になるために必要不可欠な能力でしょう。

そもそも言語というのは人間どうしがコミュニケーションを取るために発展してきたものですので、それが嫌いであるとなると、言語もあまり好きにはなれないでしょう。
そして、ただ単に話好きだから日本語教師に向いているとお考えになる方は多いようですが、実はそこに落とし穴があります。
つまり話すのが好きでも、人の話を聴くのが嫌いだったり、苦手だったりするといい教師にはなれないということです。

言語を教えるときには、もちろん教える言語を話せることが絶対不可欠ですが、それと同じくらい、いや、それ以上に生徒としての相手が話すことを聴く能力がないとやり取りが成り立ちません。
不安を感じながら懸命に新たな言語を話そうとする相手の身になって考え、何を話そうとしているのかについて知ろうと努めることが必要です。
押し付けがましく話す一方だと勉強している生徒さんは自分を表現することを拒絶してしまうかもしれません。
そうなってしまっては教えても無意味になります。
聴くことは大切なのです。

代表的な必要能力について2つだけ取り上げましたが、指標にはあると思いますので、参考になさってみてください。