フォトグラファー(カメラマン)の仕事内容は新聞・雑誌・ポスター・パンフレット・ニュースサイト・商品パッケージ・広告・ファッション・芸能などをさまざまなものを撮影をする人になります。

フォトグラファーの仕事は幅広いのですが、専門分野(報道・スポーツ・ファッション・ブライダルなど)を持っている仕事をしていることがほとんどです。

また、写真を取るのが仕事なので自分で写真を取って作品にして、
展覧会をしたり、写真集を発売するなどする人もいます。

フォトグラファーが撮影する場所は室内(スタジオ内)・屋外でロケを行ったり、
撮影現場はさまざまで、必要に応じて移動することもあります。

撮影をする場合にはテーマ・方向性などを打ち合わせをして確認をして、
事前にどこで撮影をするかを選定をする場合もあります。

フォトグラファーの就職先としては写真スタジオ・映像制作会社・企業 デザイン・広告制作会社・出版社・編集プロダクション・カメラマンのアシスタントだったり、フリーランスで仕事をしている人もいます。
Webの世界では商品画像の撮影などが多いので、企業側としても求人や採用もせっきょky的に行っており、フォトグラファーの雇用情報も多く存在しています。

イベント・ブライダル写真が中心の場合には土日祝日がメインということもあり、
報道・広告撮影だったりすると状況により徹夜になってしまうこともあります。

勤務時間は撮影という場合には長時間かかる場合もあり、
どちらかというと不規則になりがちで、根気・集中力・瞬発力が必要になります。

フォトグラファーになる場合には特に資格・学歴というのは必要ありませんが、
カメラの使い方を独学で学ぶ人・大学・専門学校で学ぶ人がいたりさまざまです。

撮影をするにはカメラ技術・ライティングなどの知識が必要になるので、
実務経験を身につけるということが必要になります。

そして、フォトグラファーの収入はというと新卒の正社員で平均17万円くらいになり、
平均年収は500万円くらいと言われていますが、ベテランで実力のある人になると、
年収1億円以上も稼いでいるひとも多くいるようです。

フリーランスで仕事をする場合には知名度にもよりますが、
単位が1ページ・1ショットでの報酬になってきます。

フォトグラファーに向いている人は写真・ものつくりが好きで、
行動力・観察力があり、機転が利いて、体力に自信がある人になります。