マイグレーションはシステムのデータベースの移行・プログラムの移行ができますが、
システム移行方法として自動コンパートツールを使って行うことが多いのですが、
システム移行を行う場合にはまず検証を行います。

検証を行いレスポンスが遅かったり、間違った動きをしている場合には、
稼働させるにも困難場合もあるので、再構築をする必要だったりすることもあります。

マイグレーションを行うにしても現在のシステムの問題・マイグレーションを行う目的を明確にしましょう。
これらを明確にしないと効果を得ることができない場合もあります。

>株式会社CIJ:CIJマイグレーションサービス
http://www.cij.co.jp/service/product/legacy/

通常は、マイグレーションを専門とした会社での作業となると思いますが、
マイグレーション後のトラブルを回避するためにも、これらの手順を把握しておきましょう。

システム移行をする場合の手順は…

・移行計画

システムを移行するための移行計画書・移行対象物リスト・移行方式設計書・移行マスター・スケジュール・移行手順書・切り戻し手順書を作成をします。

システム移行をするにもトラブルが起こる可能性は考えられます。
トラブルが発生した時のためにも高い精度の移行計画書にしておくようにしましょう。

・移行関係ツールの開発

移行関連ツールの仕様書・テスト計画書・移行関連ツール・移行関連ツールのテスト報告書になります。

・リハーサル

システム移行する前にリハーサルを行うための計画書・実施ガイド・結果報告書を作成していきます。

作成した移行計画書が正しいか、制度はどうかということを本番に向けて検証をします。
移行手順書の内容でリハーサル検証を行わないと本番でトラブルが発生する可能性があるので、
しっかりとリハーサルは行うようにしましょう。

・本番

リハーサルが終わったら本番移行実施ガイド・サービス開始基準書・進捗管理表・問題管理表・結果報告書を作成をしていきます。

リハーサルを行ったからといって本番は成功するということではなく、
失敗をしてしまう可能性もあるので、その場合状況を素早く把握して、
正確に対処する必要があります。

トラブルが発生した場合のことも考えて、その対策・スケジュールも考えておくようにしましょう。