仕事をするときの雇用形態は正社員だけでなく契約社員・派遣社員・アルバイト・パートというタイプがあります。

一番安定しているということで正社員でという人も多いかと思いますが、
でも、その正社員として仕事をするのも厳しかったりもします。
そんな時には他の雇用形態で仕事をすることが多いですよね。

派遣社員として仕事をする場合にはまずは登録をする必要があります。
登録をしてから派遣会社の担当者から仕事を紹介をしてもらいます。

派遣で働く時のメリットは…

・比較的時給が良い
・職種を選ぶことができる
・いろいろと経験ができるのでスキルがつく
・仕事で拘束される時間が比較的短い
・交渉は派遣会社の担当者がやってくれる
・仕事範囲が明確
・比較的定時で退社することができる
・大手企業で仕事ができる
・休日がきちんと取れる
・責任は比較的軽い

派遣社員のポイントとしては、正社員としてでは難易度の高い業界や職種に実際に就けるチャンスがあるという点です。
派遣社員としてであれば大手の会社で働くことも可能ですし、そこでスキルを磨くことも可能です。
特にネット系、web制作系の会社などは、スキルを磨くこともできます。
webサイトがビジネスにとって当たり前になってきた現在、人材が欲しいのは企業ですから、web制作や制作を管理する人材も多く募集をされていたりします。

派遣で働く時のデメリットは…

・金銭面:ボーナスがない・交通費の支給がないことが多い
・契約満了により更新されないことがある
・福利厚生があまり充実していない
・正社員と区別される
・仕事範囲が狭い場合には物足りない感じがある
・昇給することが少ない
・祭日が多いと給料が少なくなる

派遣社員として仕事をする場合にはこのようなメリット・デメリットがありますが、
職種によっても異なることもあるかもしれませんが、収入面・福利厚生・プライベート時間というのが正社員と比べると違う部分になるのではないでしょうか。

正社員のほうが収入面はボーナスや昇給があり、
福利厚生などの保障も充実しています。

でも、その反面勤務時間が長くなることも多いので、
残業が多くなるとそれだけプライベートの時間は少なくなります。

派遣で仕事をする場合に向いているタイプは…

・家事と育児を両立をしたい
・将来の目標がありキャリアへの通過点としている人
・プライベートを重視する人:趣味など

個人差はありますが何を仕事に求めているか、
何を優先させるかということでも異なってくるのではないでしょうか。