病院は、言うまでもなくその社会性や公共性が高く、なくてはならない存在です。
そして、急患や重症患者などを受け入れる場合などは、ますますその重要性が高いと言えます。

しかしその重要性が高まれば高まるほど、
患者を受け入れて即座に対応するための環境整備が必要だったり、
専門の設備が必要になるなど、経営の難しさは普通の会社とは全く異なるものになっていきます。

また、税制上の違いはあるとは言っても、
病院は普通の会社とは異なり、完全に利益だけを追求するというわけにもいきません。
原則的には患者もすべて受け入れなければいけません。
よって病院に勤める方のストレスやプレッシャーは並大抵のものではありません。

そして、病院経営の何よりの難しさはその専門性にあります。
病院は「プロフェッショナル官僚制」と呼ばれる組織構造です。
これは医師や看護師などが皆プロフェッショナルであり、公務員である官僚のような働き方であることからきています。
要するに病院は、様々なアクシデントに対応するためにプロフェッショナルの集まりになっているということです。
そして医者や看護師がプロフェッショナルだからこそ生まれる問題があります。
その専門性の高さゆえに、組織の論理よりも専門性が優先されてしまうということです。

これは非常に難しい問題です。
組織としてうまく回そうとしても、それが医師や看護師にとっては都合のよくないものであれば、
否定されてしまうからです。
患者を救うことが一番の宿命である以上、ある意味仕方のないことです。
しかし、病院だからといって赤字を垂れ流していいわけではありません。
また、患者の利便性を考える必要もあります。

このことから、病院の経営という視点から客観性を担保できる、医療経営コンサルティングと協力をすることで、より総合的な見地から病院経営を進行させることができます。

■医療機関の経営から、人材育成・教育までを手掛けるコンサル団体
公益財団法人 日本生産性本部

このように考えていくと、病院経営がいかに難しいことなのかは容易に想像がつきます。
そして病院経営に必要なことは、
「医師や看護師の専門性+組織の専門家を参加させた無理のない組織形態」であることもわかります。

プロとしての医師や看護師と、組織作りのプロが協力できて初めて、
病院経営はこれまでの壁をやぶることができると言えるのではないでしょうか。