日本人形や西洋の人形など精巧に作られている人形ほど魂が宿りやすいのではと思っている方も多いのではないでしょうか。映画やドラマの影響かもしれませんが、そのような人形が動き出したりする場面が印象的だからと考えられます。しかし今まで大切に使ってきた人形やぬいぐるみであればどのような作りだったとしてもやはり処分するのに何のためらいもないという方は少ないのではないでしょうか。そこで人形供養をることを考える方もいらっしゃるかと思います。人形供養とはお寺に依頼して人形やぬいぐるみにお経をあげてもらって炊き上げてもらうことです。生きている人間やペットが亡くなった際にはお寺等で葬式を営んでもらいますよね。ぬいぐるみや人形は生きてはいませんが、今まで大切に持ってきたものですからポイとゴミ箱に捨てるということはなかなかできないものです。
そこで気になってくるのがどこで、人形の供養ができるのかまたどんな種類の人形ができるのかということではないでしょうか。http://xn--gmq4uf7blxkbvllh1g.com/ningyoukuyou/14.htmlのサイトなどインターネットを検索すると人形供養に関する必要な情報がある程度入手することが出来るかと思います。
まずはどこで人形供養ができるのかを調べてみましょう。インターネット等で検索してみると人形供養を行っているお寺を探すことができます。しかし場所によっては自宅からかなり遠方な事もあるかと思います。郵送で受け付けてくれる場合もありますがそんな時は近隣のお寺に聞いてみるといいかもしれません。人形供養を行っていると大体的に宣伝はしていないものの、問い合わせてをしてみるとやってくれるという場合もあるようです。
その際にどんな人形を供養したいのかを明確にしておきましょう。お寺によってはひな人形だけを扱っていたり人形の種類を限定しているところも多いようです。電話等で事前に必ず確認しておきましょう。