エリアマーケティングは成熟市場時代の典型的な市場細分化戦略で、
地域密着型マーケティングとも呼ばれていてます。

 

マーケティング範囲はエリア(地域)ごととなり、ニーズ特性
・競合状況に応じて商品・サービス・価格・プロモーション
・流通など地域生活者の生活意識を把握します。
そこで重要なのはきめ細やかな対応となります。

 

エリアマーケティングのプロセスは2つに分けられます。

◆エリアのセグメンテーション(区分):いくつかのエリアを細分化

エリア区分は…
・都道府県、市区町村、番地等の行政界をつなぎあわせたもの
・拠点の営業範囲:支店・営業所など

 

エリアを細分化するにはコストもかかるので、コスト削減をするといった意味でも「小さいエリア内にあるいくつかの営業所まとめる」いったようにある一定以上の規模を保有するなどしてセグメンテーションを重層化するといいようです。

 

◆エリア別のマーケティング方法の決定

ネットワークやコンピュータが発達してきているので、
今までは本社中心だったものをエリア別のデータを管理者にも
活用できるようになってきているのもGIS(地理情報システム)が
安価で使いやすくなってきたことで実現されてきています。

 

エリアマーケティングの進め方には
まず顧客の地図を作り市場分析をしていきます。

 

◆テリトリーや商圏の設定

顧客地図の作成として白地図に顧客の住所の場所へ印をつけていきます。
作成した地図を見ながら分布のバラツキをチェックし、
全体の地盤強化をできるかなど問題点をピックアップしていきます。

 

問題をピックアップが終了したら、次に人口・世帯数の調査、
産業特性の調査、市場体質の調査など地域特性を分析をすることで
テリトリーや商圏の設定ができます。

 

人口・世帯数調査:人口の増減・年齢別人口構成・単身・二世帯など

産業特性の調査:農林地区・水産地区・工業地区・業務地区・住宅地区との違い

市場体質の調査:地域は地元に密着しているか・企業は他地域からくることが多いか

 

◆エリアのマーケット規模を算出する

市場範囲を設定したら市場規模の推定・エリアの成長性など推定しエリアの分析をしていきます。
エリアのマーケティング市場規模を算出していくのですが、
その時に競合状況も調査をし、最後に市場本質を加えて情報を整えていきます。

 

これらのエリアマーケティングの進め方はある程度の規模のある
一般的な市場においての手順となりますが、
これらをもとに販売目的・戦略・戦術を考えていくことになります。