グリーンマーケティングはエコ(環境)マーケティングと呼ばれることが多いのですが、環境に負担をかけないように地球環境に配慮して企業はマーケティング活動を行い、商品・サービスを提供していく方法となります。

 

具体的な取り組みとしては…

・有害物質の排除
・ゴミの削減
・物流の効率化
・リサイクル可能な仕組みの構築など

 

環境問題の意識も高まり、一般消費者だけでなく企業でも
コストより環境に配慮する動きになってきていますが、
エコ商品の開発や扱いについては消費者の需要に対しての不安や
疑問も多く、コスト競争や消費者の価格志向ということからも、
まだ消極的ところも多いようです。

 

このグリーン・マーケティングを行う上で有効になのは、
このような意識の高いセグメントをターゲットとすること。

 

日本では2001年にグリーン購入法が施行されたことにより
グリーン購入を義務づけられたことにより、地方公共団体・企業
・国民にもグリーン購入するように進めています。

 

グリーン・マーケティングの対象が個人消費者の場合は
グリーン・コンシューマーと言われています。

 

グリーンコンシューマーは30代~40代の高学歴・高収入の人が多いが、通常商品よりエコ商品は割高になりやすくなっています。

 

下記の専門家の意見として効果的なグリーンマーケティング課題が挙げられています。

専門家は…
・消費者行動専門家
・グリーン広告関連の法規制に詳しい専門家
・環境配慮型商品の審査・保証に詳しい専門家

 

基本的な課題は…

・信頼性の低さ:顧客・エンドユーザー
・「エコ商品(環境配慮型商品)」と「サステナブル商品」との混同
・レピュテーション・リスク:誤った商品宣伝(商品表示・キャッチコピー等)
・法的リスク(FTCグリーンガイドが定めるグリーンウォッシング企業)
・定義が不明確

 

FTCはグリーンウォッシング企業に対して法的処分も年に数件行っています。

グリーンウォッシング企業にならないためには…

・売り出したい商品・サービスを選定
・使用する言葉に注意する(特定できる言葉を使う)
・どの部分が環境に配慮しているのかを記載:商品or梱包
・宣伝文句を支える根拠を常に用意。