ソーシャル・マーケティングはコンシューマリズム(消費者運動)とも言われていて、1960年代に米国が発端とされていて、営利マーケティングの手法を応用して目的を戦略的に達成すること。

 

ソーシャル・マーケティングには…

「行政機関の運営や社会変革などに活用しようとするもの」と
「社会公共志向」があります。

 

行政機関の運営や社会変革などに活用しようとするものは…

従来のマーケティングの発想

 

社会公共志向は…

社会全体の利益や福祉向上を意識して活動。

特徴は社会・生活者という点から「企業と消費者(顧客)」の間に加わっていること。
そして、最近の関心の高まりとして注目されているのが企業の社会的責任(CSR)

 

顧客志向のマーケティングは…

追求しているのが消費者の便利性だけなので、
商品の大量消費による環境汚染を進行・地域社会とのトラブルを誘発

 

企業戦略として重要な課題は…

企業の社会的責任やコーポレート・ブランドへの注目が高まってきている状況となっているが、その中で、どれだけ多くソーシャル・マーケティングの成功事例を作り出せるか。

 

企業全体の有益な商品・サービスを提供できるかで、
社会に大きな影響を与える企業活動を行えるかということが広まってきているようです。

 

マーケティングは非営利組織(学校・病院)や行政機関(政府・地方自治体など)へマーケティングの考え方を導入が検討されているそうです。

 

非営利組織の目的は営利目的とは違って社会全体の利益向上。
そのためには的確なサービスを提供には、
生活者のニーズを把握する必要があります。

 

事例としては…

・JTの喫煙マナー広告
・AC公共広告機構のキャンペーン

 

営利目的は…

・習慣(喫煙・飲酒運転・薬物・貧困の撲滅)や社会状況の変革

 

マーケティングは行政サービスの質の向上や効率化の面で効果が期待されているが、目標が異なる企業にはそのまま適用するわけではないようです。

 

また、下記のような社会的キャンペーン効果を出すためにも期待されています。

・薬物乱用防止
・児童虐待防止など