国際マーケティングはインターナショナルになるので輸出マーケティングとも言われていて、マーケティングの相手を日本でなく外国を商売をするイメージで、経済の発展とともに輸出から国際へと日本のグローバル化した企業の活動となっています。

 

輸出マーケティングとは…

国内で大量生産をした場合、商品を海外へ輸出して効果的に商品を販売をする企業行動。

 

国際マーケティングは…

複数の海外子会社(生産・販売・研究開発拠点など)を持つ企業が活動を組織化。

 

インターナショナル・マーケティングは国際的なマーケティング戦略のことで、インターナショナル・マーケティングは「グローバル・マーケティング」「マルチ・ドメスティック・マーケティング」があります。

 

グローバル・マーケティングは…
全世界の事業活動を統合して1つの市場とみなすこと。

 

グローバルの語源は…
地球・地球儀・地球規模の・全世界的なということ。

 

コストを低減させるために安価な国で部品製造や組み立て・加工を行い、同じ仕様で世界に運搬して販売するという体制で行うことで、
マーケティング施策はひとつの市場として、
世界市場に対して地球規模で事業を展開すること。

 

マルチ(多数)・ドメスティック(国内)・マーケティングは…

事業活動展開を異なる国ごとにマーケティングをすることで、
製品やサービスを国により文化、宗教観、倫理観、道徳観、
ライフスタイルの違いを考慮して国ごとのニーズに合わせ開発・提供して事業を展開していくこと。

 

世界規模で行うには意思決定にも時間がかかったり、
文化・言語・地域に対する理解も必要となります。

 

そのため、現地での企業との協働や社員の採用・教育においては
就労意識・交渉スタイルの違い・納期の遅れ・賃金格差などによる
問題も発生しやすなるので課題のひとつにもなっています。

 

これらについては海外拠点担当者に判断してもらうことが多いのですが、「日本的な企業体質を改める」「各国に日本的な企業体質を徹底させる」という2つの方法があります。

 

最近では生産・流通コストの削減・生産性の向上を求める
企業の多くは海外進出するにようなっています。

 

海外進出とは…
国内需要を見込んだ日本国内でのマーケットではなく、グローバルに政界へとマーケット市場を拡大する外国への資本投資を海外進出と言います。
人件費の削減などのコスト削減からその注目が集まった海外進出ですが、現在ではインドや中国など東南アジアへの消費者をターゲットとしたアジア需要を見込んだ海外進出が活発になってきています。
その為、国際マーケティングの展開の一歩として大企業のみならず、中小企業が海外進出を経営課題に取り入れるなど外国への資本投資の期待が高まっており、各種海外進出セミナーも開催されています。

海外進出セミナー – 金融・経理の総合ビジネスセミナー

グローバルな経営活動、国際的な商業活動には海外における輸出入状況、海外現地のインフラや経済活動の基本、文化や宗教、諸外国における人事・労務などの法務や税務に関する事柄の理解が必要になってきます。

国際マーケティングを成功させるためにも、マーケティングの基礎はもちろんのこと、拠点となる現地のマーケティング活動や法務を理解することのできる海外進出セミナーなどでのより一層の研究が必要不可欠と言えます。