副業といっても色々な方法があります。その中でも、みなさんがご存知なのは、データ入力ではないでしょうか。ひと口にデータ入力と言っても、実にいろいろな種類や目的の仕事があります。例えば、単にペーパーで与えられた活字情報を文字データに起こすお仕事や、指定された条件のホームページを探し、その中から必要な情報を抜き出して文字データにするというケース、また、自分の経験や知識を活かして、入力する文章まで自分で考えなければならないこともあります。

このように、企業によって要求される仕事の内容やレベル、さらには必要なスキルまで違ってきます。少しずつ自分に出来る副業を探しましょう。データ入力という仕事は、子育てをされてる主婦の方、副収入が欲しいサラリーマンの方、将来に向けてパソコンのスキルアップをしたい方など、現在のライフスタイルを変えずに、自宅でデータ入力のお仕事をしたい方に向いています。

また、自分の都合の良い時間に、データ入力の仕事をする事が可能であり、場所を選びません。業務に合ったパソコン環境(OSがWindowsとインターネットを使える環境)があれば、いつでご自宅でデータ入力業務が出来ます。データ入力とはコピーして貼り付けの様な簡単なものかた、手書きやワープロなどのデータ入力によりアナログデータをデジタルデータに書き換えるデータ入力(文字データ入力)や、名刺から会社名や役職、氏名、住所、電話番号等を抜き出してデータ入力し、データベース化する(名刺データ入力)、領収書や請求書などの数字を集計し、データ入力でデータ化する(会計入力業務)等様々です。報酬の相場としては、ベタ打ちは5文字打ってやっと1円です。仮に原稿が「本」のように文字がページにぎっしり詰まっているのであれば、ただひたすらに入力を続けることは出来ます。名刺1枚1枚は会社も違うしレイアウトもまるで別物なので、それを理解しながら入力するためスムーズではありません。比較的データ入力で副業するのは努力が必要ですね。