クリニックを開業することになった場合、どこで開業するかも重要なポイントになってくるかと思います。物件選びのコツについて詳しくみていきましょう。まずはどのような場所で開業したいのかを明確にすることです。自分自身の中でこのような場所で開業してみたいという強い希望があるのであればそれをきちんと具体化しておきましょう。立地やコストなどの条件も大切なのですが、ご自身の理想というのは仕事に対する大きなモチベーションとなりますのでそれを重視して探すという方法もあるのです。次に予算や広さなどがどれくらい必要なのかを決めておきます。物件探しの際には具体的にそれを提示する必要があるからです。
物件を探す前に調査を事前に行うことが大切になってきます。クリニックを開業するということは慈善活動ではありません。経営が成り立たなければクリニックを維持していくことが難しくなります。安定した経営を続けるためにも事前の調査が重要なポイントになってくるのです。それでは具体的にどのような事を調べたらよいのかというと、一つは立地に関する条件です。医院を開業しようと考えているエリアの状況について確認しましょう。周辺の交通機関や地理的な条件、そしてどういった生活パターンを送っている方が多いのかを調べてみましょう。次に開業を予定している地域の人口や平均年齢や世帯数、さらには夜間と昼間の人口の推移などを調べてみましょう。また将来的な人口や今後開発が見込める地域があるかなどについても調査しましょう。そして来院見込みの患者さんの居住エリアを調べてみましょう。それにより大まかな診療エリアが特定できるかと思います。次に周辺のライバルと思われる医院についても調べてみましょう。周辺住民からの評判や来院数などを調べるとご自身が開業を予定している診療科がどのくらいその地域に必要とされているかがおおよそ把握できるかと思います。これらの調査は独自で行うのは難しいと考えられますので専門機関等に依頼したほうが確実なデータが得られます。
これらを基にして適切と思われたエリアの物件を重点的に見ていきましょう。