マーケティングリサーチ方法の1つとして定量調査というのがあります。
定量調査はアンケートに基づいてデータを数値化して、
それをさまざまな種類のグラフや図にして分析調査をします。

 

・目的:量的な情報の取得
・定量調査のアウトプット:数字

 

アンケート調査で代表的なものはインターネット調査(ネットリサーチなど)や紙の質問票・電話調査があり、対象は全世代の男女・均等な地域によるモニター調査を行い、その結果を数値やグラフで表示します。

 

最近ではインターネットが普及しているのでインターネットでのアンケート調査も、調査をする会社も低価格小規模なところも含めかなり増えてきていてます。

 

例えば:国政調査・世論調査など

 

特徴は…

同じ調査内容・質問の仕方で沢山のサンプル対象者(通常100以上)に回答をしてもらうこと。
また、調査対象全体の傾向をみるのには選択式などの単純な質問調査の場合もあります。

 

・サンプル数が多い
・アンケート調査票はクローズエンドがメインになるが定型化されたものを利用
・回答は短時間でできる。

 

結果は…

%や平均値などで数値化して分析する

 

メリットは…

・全体像の把握が簡単に行える:数値で表示
・統計的な調査が可能:数百・数千単位でのサンプル調査を行う
・統計的に説得力がある
・インターネットの場合は比較的安価でできる

 

デメリットは…

・回答の信憑性が低い:インタビューアがいない
・出現率が低いと実施が難しい

 

定量調査の種類は…

◆ホームユーステト:全国対応可能

・テスト品使用前後の2段階調査
・専任調査員によるヒアリング
・Webオンライン回答

 

◆セントラルロケーションテスト:全国対応可能

・テスト会場:リアルタイム集計
・調査票記入後のミニインタビュー
・シェルフテスト

 

◆訪問調査:全国対応可能

・専任調査員による訪問・聴き取り
・写真撮影:使用・収納実態等

 

◆郵送調査・街頭調査・電話調査・FAX調査

これらの調査のスケジュールは、
調査内容によって変動します。

 

◆インターネット調査

・分析レポートを提供

各ネット調査会社と連携して、各社のパネル特徴活かすために、
調査設計からデータ集計します。

・クライアントの担当に替って調査をコントロールすることができる。

効果的に的確な結果を得るためにはプロジェクトの
マーケティング目的・課題・調査目的・課題に対する理解をする必要がある。