マーケティング調査は市場調査・マーケティングリサーチとも言われていますが、これは商品・サービス提供のために人(顧客の要求)や物(重要・供給)に関する数値を調べること。   これらはコンセプト開発・顧客満足(CS)・CRMといったことと 連携して新製品やブランド構築・育成戦略の対策に使われています。 最近ではダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)と言われてきているようです。

 

マーケティングは「儲け続ける仕組み」で短期的ではなく 結果を出し続けていく必要があります。   そうするには戦略が重要となってきますが、他でうまくいっている戦略を とり入れても最初の短期間だけの成果であって長期的に成果を 上げ続けるということはあまりないようです。   成功しているからといって真似をするだけでは短期的なものになってしまうので、自社の環境に合わせた戦略を考えることが重要となってきます。 そのためにもターゲットの設定・調査手法・調査内容が重要となっています。

 

マーケティングは市場相手に効果を上げることが価値となってきます。

◆ライバルを知る:他社の動向を知る 商品は他社でも扱っているなど競合することが多いが、 その中で競合優位のポジションを確保すること。   そのためにも競合他社の販売戦略や商品動向をよく把握することで大切となり、自社で扱う商品を消費者に購入してもらえるようにする必要があります。   重要なテーマは「知ること」

◆マーケティングは実践論:市場の反応を知る 仮説や方法論を実践することで何らかの反応が消費者から得られるはずなので、そこで結果をあげてこそ価値を持つことになり、 反応により戦略を修正することが重要となってきます。   重要なキーワードは「知ること」

◆マーケティングマインド:日常の現場レベルで実践すること 企業活動で重視するのはマーケティング発想を優先させること。   例えば… ・商品開発からその売り方 ・コミュニケーションのあり方 ・お客様の視点 ・市場からの発想

◆問題意識を持つこと 重要なのは問題意識を常に持ち、顧客からの視点で対応することで 新しい発見にもつながってきたり、これによって顧客から高い支持を 得ることができるようにもなってきます。