広告戦略にはクリエイティブ戦略(伝えるべきメッセージづくり)と
メディア戦略(伝える場の確保)の2つに分けられています。

 

◆クリエイティブ戦略:伝えるべきメッセージづくり

企業の広告戦略として効果的なコミュニケーションを行うためには
伝えたい製品やサービスの属性を絞って、広告表現をメッセージとして明確にすること。

 

ただ単に絞り込んだ製品やサービスを伝達するのではなく、
製品に興味を持ってもらい、受け取ってもらえるような
「伝わる」メッセージにすることが大切になります。

 

例えばCMの場合は…

テレビCMは時間が15秒とか30秒に制限されていますが、
この特定の限られた時間内ではすべて製品属性をメディアで広告するのは難しいので、この短時間でいかにキャッチコピー(印象的なメッセージ)と場面設定ができるかが重要となっています。

 

短時間内にいろいろな情報を伝えたいと思って、情報を載せても頭の中に何も残らなかったりと結果を招いてしまい、効果がでないという場合もあるので、15秒内であればキーメッセージは2つまでとされています。

 

◆メディア戦略:伝える場の確保

重要なのは効果的なメディア・ミックスを予算内で
ターゲットの属性・サイズ・エリアによって探すこと。

 

メディアにより特性があるので、その特性をいかに活かして
表現戦略をすることができるかということが必要があります。

 

一番やってはいけないことは…
・見栄:費用のかけすぎ(過度のメディアへの露出)

 

気をつけることは…
現場の声や気持ちを考えること。

 

営業活動を行う上で重要な要素は営業マンの気持ちで、
営業マンは自分たちの営業努力で販売実績が伸びたと思いたい人が多いので、戦略の成功によって売り上げが伸びた大きな要因にもなってきます。

 

大切なことは…
結果の検証を行うこと

 

模索することもできないし、資金を使うにしても効果的な使い方をすることもできないので、結果の検証をしっかりやる必要があるようです。

 

また、営業実績や売り上げを伸ばすのも大切なことですが、
そのほかにも重要なこととして、見た目の派手さや
きらびやかさだけにとらわれないようするのがいいようです。