ターゲットを明確にするといいますよね。
ターゲットを明確にしないと集客・収益にも大きくかかわってきます。

 

ターゲットを明確にするというのは対象を絞ることで集客・収益にもつながってくるので、いかにターゲットを明確にして意識しているかということが大切となってきます。

 

消費者にまずはどんな商品でどんなサービスかを知ってもらうことが必要となってきます。
そのためにただみんなに知ってもらおうと不特定多数の人が
対象となるとコストもかなりかかってくるので、
絞って広告をすることでコストパフォーマンスも高くなってきます。

 

例えば:情報を必要としている人・興味を示してくれる人など

 

そして、広告費用をかけたとしてもターゲットを絞ることで
多くのリターンとなる可能性も高くなってきます。

 

ターゲットは「地域・性別・年齢・年収・趣味・ライフスタイル・職業」などで絞っていきますが、明確にするには5W1Hが重要となってきます。

 

5W1Hとは…

・Who:誰が ・What:何を・ When:いつ
・Where:どこで ・Why:どうして・How:どのように

 

どのように(How)したいかということを目的で広告企画は
他のwhen(いつ)where(どこで)what(何を)の部分を考えていきます。
成功するということはHowをかなえることとなります。

 

ターゲットを明確にするチェックポイントは7つあります。
企業向けのビジネスプレゼントを送る場合を例にしてみます。

 

・企業:どの企業向けなのか

・業種:どの業種なのか

業種が分かれば情報が入手できます。
ターゲット企業にとっては顧客・仕入先・協業先・コンペはだれか
業界の課題や特徴はなにか

・部署

部門にとって関連部署や課題は何かなどの情報が入手できる

・役職

役職に応じて興味・課題・どんなメッセージを送るといいかなどの情報を入手できます。

・氏名

氏名が分かれば、インタビュー記事やプレスリリースなどから情報を入手できる。

・興味

企業・業界・部署・約勝者としての興味を想定して情報収集をする。

・習熟度

習熟度が分かれば初心者向け・習熟している人向けのプレゼントが決まってくる。

目的を達成させるためには大切なことは「目的を明確にする」「ターゲットを絞る」こと。
そして、広告も見合った企画制作をすることで成果にもつながってきます。