安産祈願は必ずしも行かないといけないものなのでしょうか。人によってはそのように考える方もいらっしゃるかと思います。また事情により安産祈願に行くことが難しいという方も中にはいらっしゃいます。仕事等で忙しくて5か月を過ぎた戌の日にお参りに行くのが難しいという方もいらっしゃるでしょう。たとえ5か月を過ぎたからといってお参りをしてはいけないわけではありません。多少遅れてもいいのでご自身で行けるのであれば神社やお寺に出向いてご祈祷をしてもらいましょう。
ただしどうしても体調等の都合により本人がご祈祷に行けない場合もあるかと思います。安定期の状態に入ったとしても人によっては様々なトラブルを抱えることもあるのです。例えば早産の危険性があるという方です。切迫早産と診断されてしまうと場合によってはずっと入院して出産まで病院で過ごさなければならないような方も中にはいらっしゃいます。私の周りでも何人か絶対安静と診断されてずっと病院で過ごすことになってしまった人を何人か知っています。それなので決してそういったケースは珍しくはないのです。そんな状態の場合、ご自身がご祈祷に出向くことはほぼ無理だと考えられます。そんな時は代理の方がご祈祷に行くという方法もあるのです。神社やお寺によっては妊婦さんの代理の方のご祈祷を受け付けてくれるところもあります。まずはそれが可能である神社やお寺を探すことから始めましょう。安産祈願として有名な神社やお寺であれば大抵が代理のご祈祷を受け付けてくれることと思います。
ご祈祷をしてもらえる神社やお寺が見つかった場合は、出産予定日、夫婦の名前や生年月日、住所等の情報が必要になってくるかと思いますのでお寺や神社に問い合わせをした際に確認しておくといいでしょう。代理でもご祈祷に行くのが難しいという場合は、郵送で受け付けてくれるところもあるようです。これもホームページや直接問い合わせをして聞いてみるといいでしょう。http://xn--49ss90d72c224b.biz/kigannhouhou/53.htmlなどのインターネットサイトを参考にしてみるとその対処法についても詳しく掲載されています。