安産祈願に行くのにもきちんと心得ておくべきマナーがあります。参拝時に神様に対して失礼にならないように、また自分自身が恥をかかないようにするためにもきちんとそれを知っておくようにしましょう。
まずは服装に関してです。安産祈願等で有名な神社ではウェブサイトを持っているところも多くあります。神社によっては正装で来ることを勧めているところもあるのです。正装とまではいかなくてもできるだけ清潔感のあるスタイルで出かけることをお勧めします。その際に露出の多い服装は避けるべきです。例えばノースリーブやサンダルといった格好はお勧めできません。肌の露出が多いと神様に失礼になるからです。
次に神社についてからの作法についてです。どこの神社へ行ってもそうですが、必ず参拝の前にお浄めをすることを忘れてはいけません。口や手をすすいでご自身の身を清めましょう。
次にご祈祷の申込み手続きをします。参拝だけでお参りだけするという方もいらっしゃいますがせっかくですからご祈祷もしてもらったほうがいいでしょう。その際は受付に手続きを済ませます。その際に初穂料を支払います。ご祈祷の時間が伝えられますのでそれに間に合うように余裕を持って行動しましょう。
本殿へ入ってご祈祷が始まりますので神主さんの指示に従いましょう。その際に当然ですが音を立てないようにするように注意しましょう。携帯電話の電源を切っておくかマナーモードにしておくことを忘れてはいけません。ご祈祷が済むと授与品が渡されます。その際に神社によっては腹帯を渡してくれるところもあるようです。お守りを渡してくれるところもあります。
気になるのが参拝をする場合の予約に関してです。安産祈願で有名な神社の場合は戌の日ともなるとかなり多くの方が訪れます。するとご祈祷も混雑することがあります。基本的に神社ではご祈祷の事前予約ができませんのでその際は空いている時間帯を狙う日程をずらすなどして対処するしかありません。