安産祈願に行くとしたらどのくらいの時期が適しているのでしょうか。基本的には妊娠5か月に入った戌の日に行うのが一般的だと言われています。なぜその日に安産祈願をするようになったのでしょうか。それはこの時期に赤ちゃんの状態が安定するからです。昔の場合は今と違って妊娠検査薬や超音波の機械などもありませんでした。それなので初期の段階で妊娠に気が付きにくかったのです。そして流産というのは妊娠初期の段階で最も起こりやすいのです。昔は流産したということを近所や周囲に知られるのを今以上に恐れていました。それなので早い時期にお祝いをしてしまって流産してしまうとそれが周囲に伝わってしまいます。それならば体調も赤ちゃんの状態も安定した5か月以降に行うのが最も良いということになり習慣として定着するようになったのです。
安産祈願へ行く場合は戌の日に行うのがベストですがその日に行くのがなかなか難しいという方も多いのではないでしょうか。安産祈願で有名な神社で戌の日になると平日だったとしてもかなり多くの参拝客を目にすることがあります。それが週末ともなると多くの妊婦さんでにぎわいます。しかし戌の日に参拝に行くことが難しい場合は多少日をずらしても問題はないと思います。妊娠5か月に入ったらご両親やご主人と相談して都合の良い日を選んでお参りをするようにしましょう。
また安産祈願へ行く場所ですが、できれば有名神社でお参りしたいと考える方も多いのではないでしょうか。それが自宅の近くにあればよいのですが遠出になってしまう事も十分に考えられます。5か月に入って安定期になったとはいえ無理は禁物です。その神社へ祈願しなければいけないというわけではありませんから、妊婦さんの体調を考慮して無理のない範囲でお参りをするようにしまそう。http://xn--49ss90d72c224b.biz/kigannhouhou/25.htmlといったサイトを参考にすると安産祈願に関する情報が詳しく掲載されていますのでチェックしてみましょう。