マーケティングリサーチは企業が顧客側の情報を得るための調査で、
顧客が欲しい商品・サービスを提供するための活動となり、
経済資源を効率的に開発もできます。

 

マーケティング調査には定量調査(電話調査・インターネット調査・郵送調査など)と定性調査(グループ・個人インタビュー)などがあります。

 

他にもマーケティングリサーチには下記の方法もあります。

・観察調査
・評価モデル作成
・評価グリッド法
・レパートリーグリッド法
・グループ・インタビューや座談会
・質問紙(アンケート)
・面接法
・覆面調査(ミステリーショッパー)

 

マーケティングを定義すると…
「消費者にとって最適な販売チャンネルでより良い商品を適正な価格で提供するための活動」

消費者の意識や行動が基準となるのもっとも重要なのが
より良い・適正な・最適な」ということです。

 

マーケティングの最大のポイントは…

消費者の意識や行動

 

本質は…

消費者を知ること(リサーチ)
どのような生活をして商品やサービスをどのようなことを求めているかを知ること。

消費者に知らせること(コミュニケーション)
商品やサービスが生活にどのように役立って、わかりやすくなっているか。

 

マーケティングは…

戦略づくりであり、商品がライバルとの競争に勝てなければ収益を得ることもできず、競争者がいないということはありえないので、優位に立つための戦略的発想法であります。

 

マーケティングリサーチを行うには…

時間と労力・金銭的な投資が必要となるので、
どんなデータ・分析が有益になり有効に使えるか、
目的を明確にして行わないと調査をしただけ、
何も役立てることができないだけでは活用することができません。

 

マーケティングリサーチの背景は…

市場の成熟化・個人化・IT革命の発展などがあり、
その概要は5W1Hにあります。

・WHO(誰に聞くか):対象は消費者・企業・非営利団体など

・WHY(なぜするか): リサーチの目的(=問題意識)

・WHAT(何のためにするか):課題やテーマの明確なイメージ

・WHERE(どこでするか):リサーチエリア(全国・特定地域など)

・WHERE(いつするか):実施時期により結果に大きく影響をすることがある

・HOW(どのようにするか):訪問調査・電話調査・観察調査・グループ・インタビューなど

 

マーケティング調査は専門業者に依頼することが多いかと思うのですが、リサーチ会社に依頼する場合いくつかの注意点があります。

 

実績があること
実績がないと正確なデータの収集や分析が得られない場合がある。

 

・データの母数が十分であること
データを収集・分析するにはアンケート数が少ないと
消費者が求めているものがわからない場合がある。

 

ターゲットが妥当であること